2018年03月04日

映画鑑賞/水戸

昨日、映画を観にいってまいりました。
6才、3才の子どもと一緒にということもあり、
観に行った映画は『ドラえもん のび太の宝島』です。
お馴染みのメンバーでの宝を求めての冒険譚。
ではあるのですが、その中に親と幼い子どもとのすれ違いによる親子ドラマ。
“親が必ずしも正しいとは限らない”という教訓とともに、子ども目線で展開されてゆきました。
定番の「のび太のくせに生意気なんだよ」という台詞も、
状況・言い方が違えばホロリと涙する名台詞となり、
子どもと一緒に楽しい時間を過ごすことができました。
皆様も是非観に行ってみてください。


posted by お葬式やさん at 10:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする